読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サータって何?

サータのベッドやSERTAのマットレスが導入されているホテル業界や旅館・観光・宿泊に関するニュースまとめ

SERTA

サータとは?どんなベッドなの?どんなマットレス?
ホテルのシーツ
「メイキングシーツ」でホテルみたいなベッドメイキングを
ホテルのベッドカバー
「デュベスタイル」の羽毛ベッドカバーで寝室がホテルに
ホテルの枕
「フェザーピロー」や「フェザーパイマーピロー」各種マクラ
サータのベッド
一般では売っていない"サータ"のホテル向けベッドをご家庭に
サータのマットレス
一流ホテルのベッド向けに実際に流れているラインナップ
大きなサイズのベッド
キングサイズやクイーンサイズよりもっと大きいベッドが可能
和室にもベッド
和室にベッドを置くと、高級旅館みたいな部屋に早変わり
ホテルのインテリアなら安心
高級ホテルのベッドなら家庭でも安心

ドリームベッドとは?ドリームベッドの歴史は?創業者は?

ドリームベッド(株)の創業者である祖父(渡辺礼市)は、もともと広島の人間で、戦前から戦中、そしてあの原爆投下から終戦に至る当時も、広島に住んでいました。

原爆投下の際、祖父は広島市西区に居り、また、その息子(私の父)は、爆心地に近い広島市中区に居ました。父は当時まだ13才で、被爆はしましたが、何とか命だけは助かりました。
hiroshima1b.jpeg

祖父は、原爆投下で焼け野原になった広島市で、戦後、「広島第一授産場」という工場を興し、戦災者・引揚者・戦災孤児など400余名が働く工場を作りました。当初、そこでは、下駄や草履の鼻緒・ ミシン作業・木工作業などで多くの商品を製造していました。

戦後すぐに、天皇陛下が広島に来られた際には、この工場にも立ち寄られました。
その際の記録が残っていますので少しご紹介します。
heika1b2.jpg
↑手を振られる天皇陛下(遠くに原爆ドームが見えます)

工場内では、多くの同作業場従業員や社会事業関係者、広島母子寮員、開拓団代表、子供達等、多くの人が出迎え、祖父がご案内致しました。

陛下は、社会事業関係者の前では「しっかり社会奉仕を頼みますよ。」と、一人一人に帽子をとってご会釈になられ、開拓団体には「いろいろ困難な事もあろうが食糧増産のためしっかりやって下さい。」とご激励、戦災者、引揚者などの生活困窮者400余名が働いている同授産所の鼻緒工場、ミシン補導所、木工工場製作品陳列所をご視察になられました。

工場で働く、とある母に連れられた子を祖父が紹介すると、陛下は「しっかりやってね。」と、お言葉をかけられました。
heika2b.jpg
授産工場内での天皇陛下

◇記録に残っている、祖父の陛下案内の際の言葉 ;

「私が場長渡辺礼市でございます。只今から御先導申上げます。ここに陳列致しておりますものは当授産所の製作品でございます。只今従業致しておりますものは約400名でございましてその内で約20名がこの場で働いております。自宅で内職として働いております者が約280名でございます。その大部分は戦災者と引揚者でございまして一部の生活困窮者も働いて居ます。これらの従業者の収入を申上げますと技術者で多く取ります者が1日百七八十円でございます又少ない者が未経験の者で1日四十円位でございます平均いたしまして1ヶ月千七百八十円となっているのでございます。 」

◇また、陛下をお見送りした祖父は、次の様に語っています。

天皇陛下には中国地方御巡礼遊ばし、同授産場にご来臨遊ばされ喧騒極まる塵埃の屋内作業現場の実情及び製品を御覧遊ばされ一々御激励御慰労の御言葉を賜りました。陛下の御温情溢るる御英姿御仁愛の御言葉に接し一同感涙に咽ぶ次第であります。私達援護生産の事業に従事する者は今日の善き日を記念し更に業務に精励いたしまして平和国家建設に微力を盡すけついであります。」

そして、その後、この授産工場に、広島に駐留していた進駐米軍のベッドの修理・マットレスの修理が持ち込まれたことをきっかけに、ベッド作りが始まったのです。
祖父は、これから日本人の生活が西洋化してゆき、ベッドが日本人の一般家庭に普及していくことを予期していました。
kojo-hirobe.jpg

1957年(昭和32年)1月に、株式会社広島ベッド商会を設立。同年(昭和32年)7月、広島ベッド商会の製造部門を分離して、ドリームベッド株式会社を設立致しました。
kojo-yachiyo5.jpg

現在、ドリームベッド(株)の本社やショールームは、広島市西区にありますが、この敷地内には、実は以前、私の住まいもあり、小学校2年生までは、会社の敷地内に住んでいました。(その後、事務所・ショールームの拡大により広島市郊外に移転)

現在、ドリームベッド(株)は、東京の渋谷や大阪の心斎橋にもショールームを構えるまでに発展致しました。
kojo-tokyo.jpg
(渋谷ショールーム)
kojo-osaka.jpg
(心斎橋ショールーム)

ドリームベッドの製造工場は、創業当時は広島市西区の本社の敷地内にありましたが、その後、郊外に移転し、現在は、広島県の少し北部、安芸高田市八千代町や山県郡北広島町などにあります。
kojo-yachiyo4.jpg

工場内には、私の祖父の胸像が飾られています。
reiichi2.jpg
祖父の胸像 ↑

現在、サータのベッドを日本国内で唯一製造しているドリームベッド(株)のルーツは、この様に、広島の戦後の復興の歴史とともに歩んできたのです。

ちなみに、ドリームベッド(株)本社の建物のすぐ傍には、原爆で被爆したレンガ造りの給水塔が現在も残されています。今では緑の蔦で覆われている為、外からはよくわかりませんが、広島市被爆建造物にも登録されている建物です。
kojo-honsha2b3.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■「一流ホテルのベッド」■□■

ホームページ ; http://www.hotel-bed.net

Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//

楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/

amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━