読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サータって何?

サータのベッドやSERTAのマットレスが導入されているホテル業界や旅館・観光・宿泊に関するニュースまとめ

SERTA

サータとは?どんなベッドなの?どんなマットレス?
ホテルのシーツ
「メイキングシーツ」でホテルみたいなベッドメイキングを
ホテルのベッドカバー
「デュベスタイル」の羽毛ベッドカバーで寝室がホテルに
ホテルの枕
「フェザーピロー」や「フェザーパイマーピロー」各種マクラ
サータのベッド
一般では売っていない"サータ"のホテル向けベッドをご家庭に
サータのマットレス
一流ホテルのベッド向けに実際に流れているラインナップ
大きなサイズのベッド
キングサイズやクイーンサイズよりもっと大きいベッドが可能
和室にもベッド
和室にベッドを置くと、高級旅館みたいな部屋に早変わり
ホテルのインテリアなら安心
高級ホテルのベッドなら家庭でも安心

知ると得するホテル業界のニュース/ホテル旅館関係者も そうでないかたも ~ おもてなし豆知識

ホテル業界ニュース

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕 サータのベッド

サータのマットレス サータのマットレス/ベッド 大きなサイズのベッド

和室にベッド ホテルのインテリアなら安心

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フィンランドには「ムーミン」をテーマにした客室のあるホテルがある。
フィンランド南西部のリゾート地ナーンタリの5つ星ホテル「ナーンタリ・スパ・ホテル」がそれで、客室はムーミン一色。ベッドカバーやタオル、壁に掛けられた絵までがムーミンなのはもちろん、マグカップもムーミン柄をしつらえている。さらに、ミィの髪型の形をした特注ランプを設置するなど、北欧らしくシンプルながら凝ったデザインが光る。
ナーンタリにムーミンのコンセプトルームが誕生した理由は、夏限定でオープンするテーマパーク「ムーミンワールド」があるからで、ナーンタリを訪れる観光客の多くはムーミンと仲間たちに会うのが目的だとか。
ホテルからムーミンワールドへは徒歩で約20分ほどだが、ホテルの玄関前から汽車(有料の送迎)にも乗れるので便利。
ちなみにムーミンストーリールームはわずか3室というプレミアムな客室のため、ムーミンワールドが営業する夏の繁忙期は予約が殺到し、予約を取るのも難しい模様。日本人にも人気で、日本人向けの案内なども用意されているという。

■横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ(横浜市西区)のスカイラウンジ「ベイ・ビュー」では、年明け1月10日から、冬から春にかけて旬をむかえる"いちご"の魅力を再発見できる「アフタヌーンスイーツブッフェ~Strawberry Fair~」を開催する。
福岡県産のブランドいちご「あまおう」をメインに使用したいちご尽くしのスイーツを提供する。いちごの持つ甘みや酸味といったおいしさを最大限に活かした力作スイーツが揃う。美味しさだけでなく、鮮やかなビジュアルで展開されるスイーツの世界を堪能できる。
メニューには、「あまおうのショートケーキ」や「あまおうのミルフィーユ」「チーズケーキ フレッシュストロベリー」などのスイーツ他、「あまおうとマスカルポーネのピザ」「あまおうと生クリームのサンドウィッチ」「あまおうとトマト、モッツァレラチーズのサラダ」などの軽食もいちご尽くしで用意する。また、オレンジ風味のクレープシュゼットをシェフが目の前で作りあつあつを提供する「クレープシュゼット ストロベリーアイスとあまおうのマリネ」など、ライブ感あふれる演出も予定されている。

ホテル日航成田(千葉県成田市)は、ホテル中庭の3分の2を占める約1,800平方mで、昨年の2倍に当たる約4万個のLED電球を使用した、「銀河」がテーマの「イルミネーション2016冬」を実施している。
点灯するLED電球の総数は、ホテル全体で約4万個と昨年の約2倍となるが、消費電力は全てを合わせても約1,500W。ヘアドライヤー2台を使用するより少ない消費エネルギーだという。中央をブルーのLED電球で彩られた星の川が流れ、イルミネーションの星の中に入って写真が撮影できる橋も今年から設置した。また期間中は、17時30分にホテルレストラン利用客による点灯式を毎日実施。2月14日まで。あわせて、同イルミネーションをテーマにしたフォトコンテストも同時開催する。

■京王プラザホテル(都内新宿区)では、「ハローキティルーム」のクリスマス限定宿泊プランを販売する。
ハローキティルーム」の客室タイプは「KITTY TOWN(キティタウン)」と「PRINCESS KITTY(プリンセスキティ)」の2タイプを4室ずつ計8室。ハローキティによるボイスメッセージのサービスもあり、チェックイン後にハローキティから部屋の電話にウェルカムメッセージが届くほか、ハローキティによるモーニングコールで目覚めることができる。客室は、特別にクリスマス装飾を施すなどクリスマス気分を盛り上げる。

■三井ガーデンホテル大手町(仮称)が着工し、2018年春に開業を予定している。
場所は、東京メトロ「大手町」駅より徒歩3分の立地。中央土地が所有する土地に、三井不動産がホテルを建築し、竣工後三井不動産グループが賃借、ホテルとして運営をおこなうもの。
同ホテルチェーンは、現在、全国で20施設5,337室を運営しており、今回のホテルは、東京都内では2016年9月に開業した「三井ガーデンホテル京橋(233室)」に続き、7番目となる。
同グループでは今後も、大都市圏や地方中核都市で積極的に新規展開をおこなうとともに、アッパーグレードの宿泊主体型ホテルとして「お客様の五感を満たすホテル」「記憶に残るホテル」を目指すし、ホスピタリティー溢れるサービスの提供に努めていくとしている。

楽天トラベルは、クリスマスプランが人気の宿ランキングを発表した。
同ランキングは、「クリスマス」「X'mas(Xmas)」「Christmas」のキーワードを含むクリスマス向け宿泊プランで、2名以上利用の予約人泊数実績をもとに算出したもの。
1位は宮城県の「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」、2位は北海道の「ラビスタ函館ベイ」、3位は長野県の「軽井沢プリンスホテル」がそれぞれランクインした。
1位にランクインした「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」(仙台市太白区)では、12月23日~25日の3日間限定でクリスマス・ディナービュッフェを提供。クリスマス・ディナービュッフェでは、ホテルのパティシエの特製スイーツなどクリスマス限定の料理が食べられるほか、ディナー会場で開催されるコンサートを鑑賞することもできる。期間中は子ども向けにビンゴ大会やプレゼント抽選会に参加可能で、希望者は子どもにサンタクロースからクリスマスプレゼントを届けるサービスも予約できることなどから、家族でのクリスマス旅行に好評だという。

■都内にある阪急阪神ホールディングス傘下の直営6ホテルが改装を予定している。
投資総額は約10億円。主力の第一ホテル東京(都内港区)ではエレベーターを改修し、宿泊階以外への立ち入りを防ぐほか、高齢者や障害者に配慮したユニバーサルデザインの客室も増やす。東京五輪に向けホテルの新設が相次ぐなか、改装で競争力を維持する。
第一ホテル東京では、段階的に客室のカーペットやクロスなどを貼り替えるほか、テレビを大型の壁掛け式に変更する。車いすでも使いやすい洗面台などを備えたユニバーサルデザインの客室も増やす。ホテル「レム」では、天井から湯が降り注ぐレインシャワーの設備更新なども予定しているという。

■クロスホテル京都(仮称)が2018年秋に開業する。
札幌・大阪に次ぐ同ブランドの第3弾。シリーズ最大規模となる約300室を計画している。
「クロスホテル」では、シティホテルでもビジネスホテルでもない新たなカテゴリーのホテルとして、感度の高い人々や旬な情報が集い交差(クロス)する場を提供。
またホテル自身も情報発信拠点になることで、ホテルの新しい過ごし方・楽しみ方を提案するという。
場所は、河原町木屋町の間、龍馬通りに面した立地。阪急電鉄京阪電鉄・市営地下鉄を利用可能で、京都の観光スポットに加え、大阪などの関西エリアへのアクセスもスムーズだという。建物は、洗練された京都の伝統的意匠と、クロスホテルの都会的でスタイリッシュなデザインを融合させるとともに、街並みにも配慮した設計とする。

ワイアード・ホテル・アサクサ(都内台東区)が来春オープンする。
「WIRED CAFE」などの人気カフェを展開するカフェ・カンパニーがホテルに参入したもので、目指すのは「コミュニティー型ホテル」。「LOCAL COMMUNITY HOTEL」をコンセプトとして掲げ、従来のホテルとは異なる魅力を打ち出す。
特色のひとつは、日本在住の外国人、地元浅草の職人やクリエイターたちが「アンバサダー」となり、地元から関東近郊まで自身のお気に入りの場所を紹介してくれる仕組み。
また、ホテルが入るのは、10階建ての劇場付き複合施設「浅草九倶楽部」内で、1階は、夜は豆腐と日本酒を楽しめ、朝は発酵食品を使った朝食が提供されるカフェ&バー。2階は100人規模の劇場「浅草九劇」、3階から10階までが多彩なタイプの客室フロアとなる。観劇後に食事と宿泊ができる場所として、エンターテインメントに関わる人と旅行者が交ざり合う新しいコミュニティーを目指す。

■フリープラス(大阪市北区)は、訪日外国人旅行者に特化したホテル3棟を大阪市内に開業する。
2017年4月の開業をめざし準備が進む「FP HOTELS South-Namba」に加え、「FP HOTELS Hanazono-Cho(仮称)」、「FP HOTELS South-Namba2(仮称)」を開設。いずれも所有はせず、運営や販売をフリープラスが担うという。
客室数は「South-Namba」が100室、「Hanazono-Cho」が142室、「South-Namba2」が187室で、すべて稼働すると合計429室となる。同社が訪日ツアーオペレーター事業などで培ってきた経験やノウハウを活かし、訪日外国人旅行者のためだけのホテルの仕様やサービスを提供する。

■コンフォートホテル豊橋(愛知県豊橋市)がオープンした。
JR・名鉄名古屋本線豊橋」駅東口より徒歩約3分の場所に位置。
客室は、ダブル・ツイン(1名利用可能)の全132室。ツインルームでは、セミダブルベッド(1,220mm)2台とエキストラベッド(1,020mm)1台で大人3名が宿泊可能なプランも設定した。ダブルルームのベッド幅は1,400mm。全室Wi-Fi対応、有線LAN接続可能とした。また、全館禁煙とし、非接触型の客室カードキーを導入。その他、ウェルカムコーヒーサービスを15時~24時に提供する(無料挽きたて珈琲を客室内に持ち込み可)。無料朝食サービスは6時30分~9時30分に提供。ピラフ・パン・ワッフル・日替わりスープ・サラダ・卵料理・フルーツ・シリアル・ウインナー・スクランブルエッグ・ヨーグルトなど豊富なメニューを用意するという。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■「一流ホテルのベッド」■□■

ホームページ ; http://www.hotel-bed.net

Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//

楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/

amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━